ジューンブライドとは!?

2022年06月07日

皆さんこんにちは!!

6月になるとジューンブライドという言葉を

よく耳にするかと思いますが、

その意味まで知ってる方は少ないかと思います。

今回はその意味をご説明させていただきます。

 

ジェーンブライド(June bride)は、

「6月の結婚・6月の花嫁」を意味しています。

6月に結婚式を行うと、一生幸せな結婚生活を

送れると言い伝えがあり、多くの女性が

6月に結婚することに憧れをもっています。

ウェディングドレスやタキシードを着て行う

洋装結婚式の発祥の地であるヨーロッパに

古くから伝わる伝承です!

 

⚪︎ジェーンブライドの由来

「ジェーンブライド=生涯の幸せな結婚生活」

というイメージの由来はいくつかあるみたいで

その一部をご紹介させていただきます。

 

・ギリシャ神話のローマ神話に

登場する女神「Juno」に由来

ギリシャ神話に登場する「ヘラ(ヘーラー)」は、

「結婚」・「貞節」を司る最高位の女神でした。

ギリシャ神話の影響を受けて発展したローマ神話に

登場する「Juno」はヘラと同一視されている女神。

「結婚と子どもの守護の女神」

「女性の結婚生活の保護神」として描かれ、

「6月の女神」でもあります。

英語の「June」は、このJunoが語源で、

6月に結婚すると女神(Juno)に守られて

幸せになると言われています。

 

・ヨーロッパの結婚解禁日が由来

ヨーロッパで中心産業が農業だった時代は

3〜5月の繁忙期に結婚が禁止されていました。

そのため解禁となる6月は特別な月と

されたと言われています。

 

・ヨーロッパの気候に由来

ヨーロッパには梅雨がなく、6月は結婚式を

挙げるのに気持ちの良い季節で

雨も降らずに夏ほど暑くない6月が

人気みたいです。

 

 

 

アイジュエリーウマキでも毎年ジェーンブライドの6月は

たくさんのお客様にご来店頂いております。

入籍が近い方や、婚約指輪、結婚指輪をお探しのお客様は

是非、足を運んでいただけたらと思います。