結婚指輪 (マリッジリング) 結婚指輪 (マリッジリング)

Marriage Ring

何度だって言いたい…『ありがとう』

嬉しい時も、悲しい時も、そばに寄り添い、相手のことを思いやる。
ふたりにとって大切で、優しくて、力強くて、幸せな誓い。
そんな二人の想いをカタチにすることは
最高級な品質にこだわり、極上の着け心地にこだわる
UMAKI BRIDALがリングに託す夢です。

  • ホーム
  • 結婚指輪 (マリッジリング)

結婚指輪 (マリッジリング)

説明を読む閉じる

店頭には約600型の商品を取り揃えております。
是非一度、ご覧になってください。
結婚指輪の由来
何故結婚指輪?
結婚式では当たり前の様に新郎と新婦が指輪を交換します。何故結婚式に指輪を贈り合うのでしょうか?男女が指輪を贈り合う習慣ができたのは古代ローマ時代 に遡ると言われています。最初は鉄のリング(指輪)が使われていて、次第に金のリング(指輪)が主流となりました。現在でもヨーロッパでは金の結婚指輪(マリッジリング)が主流です。日本ではプラチナの結婚指輪が圧倒的に多いです。11世紀ぐらいから教会が結婚指輪に祝福を与えるようになったようです。
何故結婚指輪は薬指につけるの?
結婚指輪は日本では普通左手の薬指にはめますが、宗教によっては右手の薬指につける国もあるようです。その由来は幾つかの説があります。一つは左手薬指の 血管が直接心臓と繋がっているという古代エジプトの言い伝えがあります。 また、11世紀頃、教会が結婚指輪に祝福を与えるようになり、同時に結婚指輪を左手の薬指にはめる習慣が生まれたとされる説もあります。 ヨーロッパでは指輪をはめる指によって意味を持たせる慣習があり、左手は「服従と信頼」を表し、薬指は「愛情」の印とされています。 結婚指輪には「誠実・貞節」の意味があります。 これは配偶者と神様に永遠の愛・誠実・貞節を約束するということを意味しています。
人気の結婚指輪は?
結婚指輪は常に身につけていることが大前提なので飽きがこずメンテナンスのしやすいシンプルな甲丸リング(指輪)が一番の定番に昔からなっています。甲丸 リング(指輪)は1554年、イギリスのメアリー女王とスペインのフェリペ2世の結婚に際に、甲丸リング(指輪)を用いたのが起源とされています。素材は 日本では昔から圧倒的にプラチナが人気です。しかし多様性がました現在では金(ゴールド)や銀(シルバー)の結婚指輪も普通に見られるようになってきてい ます。

RESERVATION

予約特典

ご予約&初来店で
JCBギフトカード3,000円分 又はブランドボールペンをプレゼント

※ 初回来店の方限定

店内は、時間帯によっては大変混み合います。
事前にご予約を頂けるとお待たせすることなく、知識
豊富なスタッフがスムーズにご案内させて頂きます。

○ WEB予約・お問い合せ

パソコン・スマートフォン・タブレットから
24時間いつでもご予約できます。

○ お電話で予約・お問い合せ

受付時間 平 日 : AM 11:00~PM 8:00 土日祝 : AM 10:30~PM 8:00

店内は、時間帯によっては大変混み合います。
事前にご予約を頂けるとお待たせすることなく、知識豊富なスタッフがスムーズにご案内させて頂きます。