指輪ってどうして丸いの?そこには素敵な理由が…

2022年06月24日

みなさんこんにちは!

いかがお過ごしでしょうか。

 

指輪=丸い

そんなイメージがあると思います。

そもそも指輪ってなぜ丸いのでしょうか?

今回は形を深掘りしていきたいと思います!

 

 

 

指輪が愛の証として使われるのは

『円は終わりのないもの』だからと言われるのは

有名な話ですよね。

永遠の愛を連想させるために『永遠の愛・絆』を

連想される象徴となっています。

また、四季のように何度も繰り返す自然を表す形

ともされています。

 

 

 

最古の指輪

現存する最古の指輪は古代エジプトの墳墓から

見つかったもので実は…

「永遠」「復活」「不滅」

のシンボルであり、地位や名誉を表すものでした。

 

『円』は幸せの象徴であったため、肌身につけて

ずっと幸せでありたいと作られたのがきっかけです。

象形文字では結婚は『円』で描かれており

永遠に途切れないものを表していました。

この丸い形に『円』を重ねていたそうです。

 

 

 

 

指輪はが丸いのは

指輪=丸い=永遠の愛

 

婚約指輪『フォルトルーチェ彫留』画像3

 

を表していることがわかりました。

お互いに贈り合う事で絆を結び

着けることでパートナーの存在を強く

意識することができます。幸せの証です。

私たちもお二人の末長い幸福を願っています。

指輪のことで迷われているならぜひ

アイジュエリーウマキまでお越しください!