日本の伝統儀式である【結納】って?

2022年09月02日

みなさんこんにちは!

いよいよ9月に突入しましたね!

秋は美味しい食べ物ばかりですから

より一層幸せな気持ちになります。

 

ところで”結納”って何か知っていますか?

結婚に関する儀式… 和室… 物を贈る…

イメージは湧くけど実はよく知られていません。

今回は意外と知られていない結納について

紹介していきます!

 

 

 

◯結納とは?

①結婚することになった両家が共同で行う婚約の儀式

②金品を受け渡しを行う伝統的な婚約の儀式

参加者:夫、妻、両家の親

 

 

 

 

以前は仲人が仕切ることが多かったのですが、。男性側の親

が結納品を持参し、口上を述べて進行します。

結納を行う場所の設定や予約は、かつては女性

側の親が行っていましたが、最近ではふたりが

主体的に準備することも多くなっています。

結納を済ませた後には、両家で会食をすること

が一般的です。

 

 

結納金や結納品を形式にのっとって受け渡すこと

で、婚約が調います。女性が名字を変える場合は

男性側が結納金や結納品を贈り、男性が名字を

変える(婿入りする)場合は女性側が贈ります。

結納式では、贈る側が口上(こうじょう)という

決まり文句を述べて贈り物の中身が書かれた目録

を渡します。それを贈られた側が確認して、

受書(うけしょ)を相手に返します。

 

「無事に結納を納めることができました」

という結びの言葉で、結納式は終了。

時間にすると約20分程度の短い式です。

 

 

◯結納の由来

平安時代の日本では「通い婚」で、男性は結婚を

申し込む際に、酒と肴を持参し共に飲食を共に

することで結婚が認められました。その持参品

のことを「ゆいのもの」と呼び、これが語源と

なっています。

 

 

 

 

アイジュエリーウマキではご結納時に必要な

熨斗がけも受けつけております。お気軽にお

申し付けくださいませ。

9月は毎日営業しております!

時計のフェアを行なっておりますので

時計見たついでに…ウマキ気になっていたから…

と気軽に足を運んで頂けると嬉しいです!