【必見】プロポーズされたら”親に話しておくべき”9つのポイント

2022年09月23日

みなさんこんにちは!
台風が過ぎ去り、最近は一気に肌寒くなりましたね。
いかがお過ごしでしょうか。

ところでプロポーズされた後、自分の家族と
どんな話をしますか?彼はどんな人?お金?
結婚式は?などなど今回は決まった直後
“話しておくべきこと”についてご紹介していきます!

 

一番大切なのは…

両家の親の不安を払拭(ふっしょく)すること。

 

ポイント①
彼の人柄やいいところを、エピソードを交えて話してみる
彼があいさつに来る前に、どんな人なのかを説明しておく
と親も安心して迎えられそう。伝えるポイントはもちろん
長所。彼の優しいところや頼りがいがあるところなどを、
できればエピソードも交えながら伝えてみて。

 

ポイント②
彼の仕事や家族構成を伝えて安心させる
単なる彼氏ではなくなります。今後の家計を支えていくため
就いている仕事やどんな家庭で育ったのかなど親が気になる
ポイントです。「一緒に頑張っていく」という決意を示し、
包み隠さず話すことが大事です!

 

ポイント③
相手の家族の情報や、しきたりなどを伝えておく
結婚のごあいさつや両家の顔合わせの際には、相手側に失礼が
あっては大変。特に地元が遠く離れている場合には、しきたり
や慣習が異なることも多いはずです。結婚式が終わっても両家の
親戚付き合いはずっと続いていくので、彼にもしっかりヒヤリング
し、気を付けるべき点があれば伝えておきたい。

 

ポイント④
結納と婚約食事会のどちらを行うか、意向を尋ねる

 

ポイント⑤
結婚後の住まいや転勤の可能性について話しておく
ずっと実家住まいだった場合は特に、娘が遠く離れてしまうのが
親にとっては何よりの心配事。近くに新居を構えるなら、この
タイミングで伝えて安心させて。新居探しのアドバイスをもらえ
るよう頼んでみてもいいかも。逆に転勤の可能性なども正直に話
し、定期的に里帰りをすることを伝えておくと、親のモヤモヤも
少し解消できるはず。

 

ポイント⑥
結婚後の仕事や人生設計について相談する

 

ポイント⑦
ふたりが希望する挙式エリアを伝え、親の意向を聞く

 

ポイント⑧
親にも思い描いている「娘の結婚式像」があることを
知っておきましょう。体面を気にする親には、会場や
ゲストの顔触れ、招待人数など、イメージしているこ
とがあれば相談してみてください!

 

ポイント⑨
結婚式のお金をどう工面するか、報告または相談する
結婚すると聞かされて、まずお金の心配をしてしまうのは親も一緒。
貯蓄がないことを親が承知している場合はもちろん、無計画だと分
かると親は確実にモヤッ。例えば今十分な貯蓄がなくても、式まで
に計画的に貯めようと思っていることなど、具体的な工面の方法を
話しておけば少しは安心してもらえそう。
「イザというときにはよろしく」と、さりげなく援助を打診して
おくのもお忘れなく。

 

「結婚」はお二人にとっても両親にとっても
人生の大きな節目です。お互いに不安を感じて
いると思います。ですが一番大切なのはモヤモヤ
を解消することです。しっかり話をして安心させましょう!

 

 

アイジュエリーウマキ ではぜひ両親にも見せたい!
と思っていただけるような指輪を豊富にご用意して
おります。いつでもお待ちしております。