【ゲスト編】結婚式のスピーチってどうする?何を気をつける?

2022年12月11日

皆さんこんにちは!

クリスマスもいよいよ二週間後と近づいてきました。

サンタはやってくるのでしょうか?

何年経ってもこの時期になると毎年ワクワクします。

 

ところで結婚式に欠かせないのがスピーチや挨拶です。

もちろん主役のお二人もそうですが、親しい間柄

であれば友人代表、そして親族代表で読む機会も

ありますよね。人前でのスピーチや挨拶は苦手で、

という方は多いものです。苦手なことだからこそ

しっかりと準備することで、少しでも当日の不安

を和らげませんか?

 

 

 

 

◎スピーチや挨拶の種類

主賓

勤務先の方の上司や上役、学生時代の恩師など目上で

社会的立場のある方にお願いすることが多い主賓。

主賓とは「全招待客の代表」という意味です。

 

同僚

会社で出会った時の印象や仕事ぶりなど、仕事上での

顔から知られる人柄を知れるようなスピーチを期待され

ています。ふたりが家庭を築いて行く上で、

「このふたりなら大丈夫、しっかりとやっていける」

と思わせるようなスピーチをするのが同僚スピーチの役目です。

 

友人

幼馴染など古い付き合いだからこそのほのぼのとした

エピソードや、友情を感じさせるスピーチを期待され

ています。スピーチを聞いた人に「いい友達を持って

いる」と思わせるのが友人スピーチの役目です。

 

 

◎話す長さの目安

  • 乾杯の挨拶 1分~2分
  • 主賓祝辞  3分
  • 友人代表スピーチ 3分

 

①あいさつ(目安/30秒)

②自己紹介(目安/30秒)

③エピソードを交えた新郎・新婦の紹介(目安/2分30秒)

④お祝いの言葉(目安/1分30秒)

 

話術に長けた人のスピーチであっても、

「3~5分くらい」が適切な所要時間

が目安とされています。

 

 

◎基本マナー・気をつけること

 

①忌み言葉、重ね言葉は避ける

  • 別れを連想させる言葉(例:別れる、切る、切れる、離れる)
  • 不幸・不吉な言葉(例:敗れる、悲しむ、嫌う、九、四)
  • 繰り返す重ね言葉(例:繰り返す・繰り返し・再び)

 

②暴露話や過去の恋愛についての話は避ける

「こんな人が友人なのか……」と、新郎新婦まで白い目で見ら

れないよう、スピーチの内容には節度と責任を持って。

元カレや元カノの話、聞いている方が恥ずかしくなるような

下ネタなども厳禁です。羽目を外すのは友人だけで行う二次会

まで取っておきましょう。

 

くだけすぎた内容や話し方にはしない

たとえカジュアルな雰囲気の結婚式でも、フォーマルな場である

ことには変わりありません。言葉遣いがくだけすぎていたり、

仲間内にしか通じない略語などを連発すると、眉をひそめる人も。

「親しき仲にも礼儀あり」を肝に銘じて。

 

④自慢話はしない

結婚式は新郎新婦が主役です。

友人の結婚式であるにもかかわらず、自分の仕事や実績を話す人を

ときどき見かけますが、これもNG。

 

 

誰もが不安になると思います。しかしスピーチでは硬くなりすぎ

ないように気を付けたうえで、披露宴の雰囲気に合わせた内容に

するとよいでしょう。特に、友人代表のスピーチでは自分なら

ではのエピソードを話すことができれば、場の雰囲気も和やかに

なる可能性が高いといえます。

 

結婚を控えた皆さん!岡山の結婚・婚約指輪なら

アイジュエリーウマキにご相談ください!